アニメ・ドラマ感想ブログ@あにどら

アニメ・テレビ・ドラマの感想ブログ

昭和13年の大阪が舞台。

主人公は、三姉妹の末っ子で、貧しいながらも愛情をいっぱいうけ育ったおおらかな性格の女の子で、名前は、今井福子です。
また、彼女ひは、二人の姉が、いて、次女の香田克子は、画家の旦那様と4人の子供の母です。
また長女の今井咲は、結婚をすることを決めました。

そんな彼女たちの母は、武士の末えいであることを誇りに思っている母である。主人公の福子は、学校を卒業後ホテルの電話交換手として働き始めます。
この主人公の彼女と、のちに旦那になる立花さんと、20年後に、世紀の大発明を共に成し遂げるのです。続きを読む

親が見ていて、一緒に自宅のテレビ地上波で見ていて、毎日録画をしているので、見逃したらその録画を見ている。

すずめの人生を描くドラマ。
途中から見始めたけど、途中からでも面白く、今では毎日の楽しみです。秋風先生が出ている漫画家の時代のときが一番楽しく大好きだった。

秋風先生の役がぴったいはまりすぎている豊川悦司がすごすぎた。

はまり役でした。秋風先生がおもしろくて毎日見ていた部分もあるくらいでした。
律のイケメンさに毎日きゅんきゅんしています。

まさとくんのほんわかキャラが好き。
東京でのストーリーのときは急に面白くなくなった。

大納言とか、結婚とか、漫画家時代がおもしろすぎて、急に話や流れや出演者が色々ガラリと変わりすぎてびっくりしました。
また律達が出てきてくれて、安心した。
律とすずめがくっついてくれたらいーのになーと毎日思いながらみています。
岐阜弁がかわいくて、毎日見ているのでたまに自分の語尾が岐阜弁になってしまうときがあるくらい、クセになる。
総合的に考えると、やっぱり漫画家時代の半分、青いが一番楽しかったなと思います。

すずめちゃんの泣きの演技がたくさんあるけど、演技力の高さに感動してます。
またダラダラとした展開になってきているので、これからどーなるのかなーと少し心配になりながらみています。

秋風先生また出てこないかな。
出てきて欲しい。
毎日見てしまうクセになるドラマです。続きを読む

ネットで話題だったのでみたいと思いました。

作画もアクションもかなりこだわっているので見応えがありそうで楽しみでした。

自宅pcにて、Netflixの配信を使って見ています。

進撃の巨人あらすじ・ネタバレ


最初の巨人襲来から、今まで見たことない衝撃の展開の連続で、一気に引き込まれていきました。最初は人外VS人間、というよくあるSF設定なのかなと思いましたが実は人間が巨人化し、内部に裏切り者がいたという点、一番巨人駆逐と騒いでいたエレンが巨人の素質を持っている点、仲の良い同期が次々巨人に寝返っていく点など、緊張感と衝撃の連続で、真実にたどり着くまであと何回どんでん返しがあるのかと、期待してしまいます。

アニメでしか追ってないので、この後の展開が楽しみです。

推しのキャラは、リヴァイ兵長とサシャです。




リヴァイはとにかくかっこよく、声優の神谷さん魅力全開って感じですきです。
潔癖なのもなんか似合いますし、小柄な姿に三角巾というギャップがかわいいです。エレンとの絡みも推せます。

サシャは、小林ゆうさんの声がバッチリハマるキャラだのと思います。
どんな状況下でも食い意地だけは失せない、業務的には迷惑だけどどこか憎めない空気の読めない田舎っ子、といった雰囲気が現実にいそうで好きです。
印象的なところは、やはり内部の仲間に敵であるはずの巨人が複数人いたという点です。
ほかの仲間もかなり死んでいる中、その痛みを分け合い、励ましあって共に敵へと挑むはずの仲間が、実は敵だったと。(今後の展開はわかりませんが…)その展開があまりに衝撃で、釘付けになってしまいました。

あと結局人間は同じ種族同士で殺しあったり争う宿命の愚かな生き物なのだな、というのを実感しました。立体起動装置のアクションもかなりかっこよくてすきです。
実際に体験したいなーと思います。


人間の敵は結局人間!?


とにかく巨人がリアルに怖い。圧倒されます。
壁の中で追い詰められた人間が暮らすという、見たことない世界観。
主人公エレンの属する調査兵団のみならず、人間のコミュニティ同士の争いや、人間の巨人の関連性、過去に起きた事件の秘密など、伏線もたくさんでいつまでも見ていて飽きないです。

人がバッタバタ死にますが、これが戦争のリアルだと思います。
キャラクターでいうと、ミカサがエレンを愛し過ぎてて行動がたまにおかしいのが笑えます。

あとヒロインのエレンがとにかくよく泣き叫ぶお話です。
漫画の作者独特のセンスもかなり好きですが、アクションなどに関してはアニメは抜群だし、声優もみなさんキャラクターにぴったりのキャスティングなので、アニメから入るのもおすすめです。

↑このページのトップヘ